さくらんぼ 狩り・野菜収穫体験をやっています。山梨こだわり新鮮野菜・サラダボウル

サラダボウルの考え
「農場責任者(フィールドマネージャー)」応募資格について
  • 農業に夢と情熱を持っていること
  • ある程度の農業実践経験があること
  • 有機農業・こだわり野菜づくり・ほんとに美味しい野菜づくりなどの栽培技術を身につけながら、プロになるための農業経験を積みたい人
  • 農場を一人で、場合により数名を使い、取り仕切ることが出来ること
  • 最低3年以上勤続可能であること

農業生産法人で農場責任者としてやっていきたいと考えている人、将来独立するためのステップと考えている人、動機や目的は問いません。
サラダボウルで言い続けていることがあります。
「会社のために働いてはダメ!自分の夢や自己実現をするために、今与えられている目の前のひとつひとつに全力を尽くそう!!必ず自分の夢につながっているから。」
自分の夢を実現するために、自分の目標を達成するために、この場所をいい意味で利用してください。

農場責任者(フィールドマネージャー)には給与を支給致します。

「農業研修生」応募資格について
  • 農業に夢と情熱を持っていること
  • 有機農業・こだわり野菜づくり・ほんとに美味しい野菜づくりなどの栽培技術を基礎からみっちり身につけたい人
  • 研修期間は1年以上(相談に応じます)

栽培技術が身につき次第、研修期間中でも農場責任者への昇格もあります。
将来、独立を考えている人には「チャレンジファーム制度」があります。

研修生には住居と食事を提供致します。また、お小遣い程度の謝礼も。

「チャレンジファーム制度」とは独立をする前に、実際に圃場の一切を任し、農業経営にかかるすべてを自分で計画、実行し、現時点での問題点・課題を明確にし、独立後初年度から農業で最高に幸せな生活していくための「独立応援制度」です。
自分ひとりで作物を育てることはできるのか?
本当においしい野菜を作ることができるのか?
生活は成り立つのか?
どのくらいの収入を得ることができ、それで採算は合うのか?
夢・希望・期待・不安・迷い・戸惑い・恐れ・・・・・
夢に向かって新しい一歩を踏み出す時、誰もが経験するこれらの交錯する様々な感情。至極当然なこの感情が、「大きな見えない壁」として立ちはだかる。まだ見ぬこれらの「大きな見えない壁」はいくら見ようとしても見えない、いくら考えても答えは出ない。だから、実際に経験して欲しい。経験することで「大きな見え壁」は「大きな目標・課題」へと変化する。もう不安・迷い・戸惑い・恐れはなくなっている。もうそこには明確なやるべきことが存在し、あとは自分の夢に向かって突き進むだけ。自らの手で自分の「道」を作ろう。

サラダボウルの想いはいつもこうあります。
ひとりでも多くの人が農業に携わり、ひとりでも多くの農業人を誕生させたい。
みんなの夢が実現できるように・・・。
そこには農業の新しい形があり、
その先には日本の農業の夜明けが待っているから!!

「短期農業研修及びインターンシップ生」応募資格について
  • 農業に興味・期待を持っていること
  • 農業のうそ偽りのない本当の現場の姿を自分の目で確かめてみたい人
  • 自分は本当に農業をやりたいのか自分に問いただしてみたい人
  • 将来または現在の自分の職業に活かすために農業を体験したい人
  • 研修・インターンシップ期間は相談に応じます

短期研修及びインターンシップ生には宿泊と食事を用意致します。

農業は特殊な職業。実際に自分で経験してみないと分からないことがほんとに多い。
「やっぱり農業はほんとにいい!」って感動したり、
「自分の探していた場所がやっと見つかった」って人もいれば、
「思っていた以上に大変で自分には出来ないかもしれない」って感じたり、
コツコツとした地味な作業が多く、「こんなことをしたいんじゃない」って思ったり。
実際にその場に行くことからすべては始まる。イメージではなく、自分の五感すべてで感じる。何も分からないなかで結論を出すのではなく。自分の中で勝手に決め付けるのではなく。
農業人を昔から「百姓」という。農業においては、百の生き方があり、百のかかわり方ができる。すべては自分次第。農業では自分の想いや価値観がそのまま自分の人生の形になる。自分らしい生き方を見つけられる仕事。

自分で自分の可能性を小さくする前に・・・。

 

このページのトップへ