さくらんぼ 狩り・野菜収穫体験をやっています。山梨こだわり新鮮野菜・サラダボウル

先月 先月

2017年3月

来月 来月


12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008年10月15日(水)

くせぇ [ウッチーの新規就農物語 〜農業人のそんな日常〜]

今年の夏の養生処理によって、ネコブセンチュウや半身萎調が見当たらなくなり、土壌病原菌対策という意味では一先ず成功という結果になりました。

しかし、キュウリハウスの最大の欠点である、土の物理性(特に排水性・通気性)の悪さはあまり改善されませんでした。土を掘り返してみれば、相変わらず硫化水素臭がします。当然こんな土に根が伸びるわけがありません。

そんなわけで、排水性をよりよくするために、今ある通路からさらに深く溝を掘り、暗渠(イメージとしては地下をはしる排水路)を埋設することになりました。

しかし通路の土は予想以上に硬く、さらに40cm近くしかも均一に掘らなければなりません。浅すぎると、トラクターをかけるときに暗渠がひっかかり、非常に面倒なことになる可能性があるためです。

そして何よりクサイ。掘り進める度に硫化水素臭が溢れだし、げんなりさせられるわけで。しかもその工事距離は、およそ400m…。

まぁ、この工事が完成すれば、ハウス内に水が入り込んできてもすぐに水が抜けるようになるので排水性が良くなります。さらに排水性の向上により、土壌中の水分が減るため、土が呼吸をできるようになるので通気性が良くなります。そして空気が通る土からは硫化水素が減っていくという寸法です。やる価値は充分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

まだ序ノ口。

Posted by サラダボウル at 18時42分 Comment ( 5 )

2008年10月02日(木)

足りない頭、丈夫な身体 [ウッチーの新規就農物語 〜農業人のそんな日常〜]

5日間続いた曇天雨天のせいで、キュウリ・四葉・インゲンの収量が低迷しました。

当然天気が悪ければ、摘心作業もできないし、追肥もできないし、病害虫がまた発生しだしているのに防除もできないし…。特に今回の病気は湿ったところが大好きなタイプなので、ガンガン拡がってしまうし…。

ついでに、気温が一気に下がったせいで風邪ひくし、道具のメンテナンス作業で使ったクレ556を腕に浴びて、半日かゆみと吐き気で悶絶したし…(雨、関係ねー)。ちなみにものもらいは何もしなくても勝手に治りました。身体と回復力だけは異常な自分。

今日はようやくお天道様に恵まれ、作物が生き生きしていました。次にこんな悪天候が続くときには、そうなる前にやるべき管理をするようにしなくては。

Posted by サラダボウル at 19時15分 Comment ( 1 )

2008年09月27日(土)

季節 [ウッチーの新規就農物語 〜農業人のそんな日常〜]

秋分の日からもうすぐ1週間。暦の上では秋になったわけで。 今日は急に寒くなりました。それと、朝っぱらから乾いた風が吹き出しています。そろそろ押し入れにしまっておいた長袖の出番のようです。こうも寒いと、作物の適正生育温度が足りなくなってしまうのが困り者。ハウス栽培なら窓を閉め気味にすればある程度対処はできますが、露地キュウリは、ただ季節の流れに身を任せるのみ。 今年も秋がやってきました。

Posted by サラダボウル at 18時56分 Comment ( 3 )

過去のニュースへ

メンバーリンク

田中 進
田中 進
脇田 浩
脇田 浩
柚木 正雄
柚木 正雄
内川 弘和
内川 弘和
山崎 梢
山崎 梢
島田 望
島田 望
佐藤 響
佐藤 響
藤井 翔馬
藤井 翔馬
小田切 志保
小田切 志保

カテゴリーリスト

バックナンバー

最近のコメント

リンク